7.「悲劇」が起きた時ネガティブ主婦は原因追及し、ポジティブ主婦は熟成させて糧とネタにする

皆さんには「なんでこうるんだよ、、、」という残念な出来事、起きたことありますか?

生きている限り、毎日が幸せいっぱいで、何ひとつネガティブな出来事なんか起きません~、という方、中にはいらっしゃるかもしれませんが(いるのかな?、私の知る限りでは、皆さんにもイラっとするような出来事、起こりますよね。

ネガティブ主婦時代は、マイナスなことばかり目に付いていて、毎日残念しかないのか?という世界に身を置いていましたが、ポジティブ主婦になるとかなり少なくなるとはいえ、望んでいない出来事も当然起こります。

そんなときの対処法がネガティブ主婦とポジティブ主婦ではかなり違います。

ネガティブ主婦だった私は、残念な出来事が起こると「これは何が悪かったのか?」と原因を探します。そして、元凶が分かるとそこを責め倒します。

「○○のせいで○○になった。腹立つ!いい加減にしてよ!」

という具合に。これ、本当にひどい展開ですね。今思い返しても最悪な思考です。

ですから、事態はもっと悪化します(当然ですが)。

八つ当たりのように怒りを爆発させ、自分の気が済むまでその原因となる誰かの何かを攻撃します。

その結果、周囲の雰囲気は悪くなるし、責められた本人も落ち込ませるし、いい事一つもないのですよね。これではネガティブな出来事を増幅させるだけです。

ポジティブ主婦はどうするかというと、起こった出来事をまずは受け止めます。込み上げてくる怒りがありますが、それも自分で受け止めます。原因を考えてしまっても、他人のせいにするのではなく、自分の中に原因を探します。

色んなことが引き金となってこの事態になったことを、責めたりするのでなく、「受け入れる」のです。

この受け入れるというのは、とても難しい概念なのですが、ある本にこう書いてありました。「受け入れるというのは許す、または感謝するということ」だそうです。

なぜ起きたのか?と意味を見出そうとしても、すぐにはわかりません。後から分かることもあれば、分からないこともあります。よって、これが起きた意味は?と考えているとずっと落ち込み続けることになるので、意味探しはやめましょう。

そして、起こってしまったことは消すことはできませんが「捉え方」を変えることは可能です。

○○が起きたことによって、私の中でゆるぎない覚悟が出来た!というのも良いですし、二度とこんなことが起きないように言い方や方法を変えることにした、でも良いでしょう。

起きた出来事の価値をあなたが見つければよいのです。

こんなことがありました。

先日、仕事で仕入れのために少し遠出の運転をしたんです。途中、道がよく分からなくなって、Uターンをしようと思いハンドルを切ったところ、右側にあったガードレールと車が接触。ガリガリガリーと嫌な音が聞こえました。慌てて車を降りると、後ろドアから後部にかけてかなりの凹みが。。。チーン。。。

まだこのビジネスで、1円も売り上げが上がってもいないのに。。。悲しい。悲しすぎる。。。

それだけではありません。

気を取り直して、次の目的地までナビを見ながら、車を走らせていました。ナビの通りに進んで行くと、「進入禁止」のマークが。。。?どうしたら良いのかな?と思いつつ、、他の道もよく分からず、、進んだ瞬間、警察官がやってきて「進入禁止です。違反ですので、罰金と切符切らせていただきます」とのこと。

さっき、ぶつけたばっかりなのに、今度は違反で捕まりました。「泣きっ面に蜂」ってこのことですよね。悲劇×悲劇。ううっ。。。涙。

次の日、保険会社に問合せをすると45万~50万円の修理費がかかりますよ、とのことでした。世の中を良くするために頑張る!と思って取り掛かろうとしていた矢先の事故?事件?なんなのー??と落ち込みました。。。本当に激しく落ち込みました。。。24時間くらい。。。

しかし。。。ここで、いつまでも落ち込んでいる場合ではありません。

このタイミングで起きた意味はさっぱり解りませんが、まさかのマイナススタートです。

私、腹が決まりました。何がなんでもこのビジネス、成功させる、と。腹が立つのをビジネスにかけるエネルギーに変えることにしたのです。

あの事故?があったから、火がついた!と、なれば、このマイナス45万円は起爆剤となるでしょう。

そして、数年後、このビジネスが軌道にのり、売り上げが45万円の何倍にもなったとき、この話はとても良い「ネタ」として永遠に語ろうと決意を新たにしたのは言うまでもありません。ストーリーの始まりが強烈にドラマチックでしょう?「ラブストーリーは突然に」始まりますが、もはやその領域です(笑)

いかがでしょうか?残念な出来事が起こったら、その現実を変えることはできませんが「捉え方を変える」は自分次第でなんとでもなります。つまり、自分が意識をどう持つかで世界の見え方さえ変わります。

過去の私のように「○○のせいだ」と人のせいにしていては、ずっと恨みつらみの中で生きることになりますが、「○○があったから」と捉え方を変えることで、そこに感謝さえ生まれることになるのです。

人生、想定外の事たくさん起こります。こうなりたい、と思ってもいないこと、起こります。そこで、自分がどんな感情で向き合ってどう捉えてそれをどう活かすか?で、ポジティブ主婦にもネガティブ主婦にもどちらにもなれてしまうのでございます。

あなたはどちらを選びますか?

どちらを選んでどう生きるかで、人生そのものが大きく変わってきます。自分で変えられないものもたくさんありますが、自分で変えられるものも世の中にはたくさんあるのです。

今日はそんなお話でしたー!!

本日はここまで。

お読みくださり、ありがとうございました!!

私もがんばろっと!

みんなもがんばろ!!!

関連記事

  1. 10.ネガティブ主婦は苦手分野を羅列して落ち込み、ポジティブ…

  2. 1.いつも心配なネガティブ主婦といつもご機嫌ポジティブ主婦。…

  3. 9.ネガティブ主婦は「どうせ誰も見てないし」と言い放ち、ポジ…

  4. 11.褒められるとネガティブ主婦は否定で返し、ポジティブ主婦…

  5. 3.ネガティブ主婦は他人を変えようとし、ポジティブ主婦は自分…

  6. 2.ネガティブ主婦は他人軸で生き、ポジティブ主婦は自分軸で生…