1.いつも心配なネガティブ主婦といつもご機嫌ポジティブ主婦。その違いはどこから?

皆さん、ご存じでしたか?

この世の中にはよーく観察すると、ネガティブ主婦とポジティブ主婦という存在がいます。

ネガティブ主婦の特徴としては、いつも心配をしていること。

心配の対象は主にお子さんだったり家族のことだったりします。他の家庭から見るとなんら問題を感じないように見えても、その主婦には心配事がいつもいっぱい。

例えば子供がゲームをすると、ゲームばかりやっていたらろくな大人にならないのではないか?

元気よくお友達と外を走り回っていないと、運動能力が衰えるのではないか?忘れものばかりしていると、会社勤めしたときに会社に迷惑をかけるような存在になるのではないか?

と、子供の行動のすべてをネガティブな情報と紐づけてしまいます。

最たるものは勉強が嫌いな子に絶望を感じてしまったり、、と。悩みや心配事は尽きません。

一方、ポジティブ主婦はなぜご機嫌なのかというと

子供や家族の心配はしていません。今、この子が夢中になっていることが、将来どんな人生になる布石になるんだろう、と未来にワクワクしています。

それがゲームだろうと、YouTubeを見てようと、家にずっといようと、外で遊びまわっていようと、その子供が楽しそうにしている姿を見ることで、喜びを感じています。楽しんでいます。

なので、ご機嫌なのですね。

つまり、まだ起こってもいない未来に心配をして、落ち込んだり悩んだり、怒ったりせず、今その瞬間を味わっているのです。

偉そうに書いてますが、このネガティブ主婦とは数年前までの私です。

それはそれは、何事もネガティブに考えるタイプでして、、いつも子供の心配、愚痴を言い、誰かのせいにしていました。勉強が嫌いなのは塾のせい、、何回塾を変えたか分かりません。きっと近所中の塾は制覇したのではないかと思われます。

小学生2人の男の子の部屋が散らかし放題な光景を見て落ち込み、だらしない大人の男になったらどうしようかと本気で思っていましたし。。今思うと、それは当然だし大した心配ごとでもないかと思えたりするのですが、当時はそんな余裕すらなく、何かの事象をネガティブに捉えては、勝手に心配し落ち込み、不平不満をもらしていました。

しかし、ある日気が付きました。心配していたことはそうそう起こるものでもないし、何か事が起こってからその時にそこに起きた事象を解決すればいいのか、、と。

そして、あるとき読んだ本にはこう書いてありました。

「あなたの考えていることが現実になります」と。

ぞっとしました。ネガティブなことを考えてばかりいるとネガティブなことを引き寄せてしまう?

それは大変なことだと!!!起こってほしくないから心配しているのにも関わらず、その思考のせいでその現実がやってくるだなんて、とんでもないことだと!!

そこからポジティブなことを考える習慣を身につける努力をしたのです。

すると、どんどん心配事がなくなり、自分の人生が面白いほど楽しく変わってきたのです。

ネガティブ主婦を思いっきり経験してきた私ですから、その違いを伝えられることがあると思っています。

これからどんどんネガティブ主婦VSポジティブ主婦について語っていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします!

本日はこのへんで。

皆さんにハッピーが訪れますように^^

関連記事

  1. 渡辺千晶自己紹介

  2. 11.褒められるとネガティブ主婦は否定で返し、ポジティブ主婦…

  3. 13.ネガティブ主婦は「あの時○○していればよかった」と根に…

  4. 7.「悲劇」が起きた時ネガティブ主婦は原因追及し、ポジティブ…

  5. 8.ネガティブ主婦は過去を見てポジティブ主婦は未来を見ている…

  6. 12.ネガ主婦は「○○にならないように」と考え、ポジ主婦は「…